税金対策

税金対策について考えてみたことはありますか??

今回は税金対策について紹介します。

税金を支払うだけしていると知らないうちに損をしていることも多々あるのです。

普通に暮らしているとじっくりと税金について考える機会なんてないですよね。しかし、税金についてしっかりと考えている家庭とそうでなく税金のことを知らずにのんびりと過ごしている家庭では一生のうちでかなりの資産の差がついてしまいます。

今までは税金のことについては年末調整でしか手続きしていなかった家庭でも今回紹介する内容をしっかりと実践して確定申告を行うことでかなりお得を手に入れることが可能になります。

まず、必ずやってほしいのが生命保険料の控除です。生命保険料控除とは生命保険料と介護医療保険料、個人年金保険料を支払っている場合に所得控除を受けることができるという制度です。

所得控除というのは、課税の対象となる金額が差し引かれて少なくなるということなのでつまり徴収される税金が減るということ。

一般のサラリーマンが医療費控除を受けるためにはどうしたらいいのか。それは毎年の年末調整で必要書類とともに加入している保険の保険料証明書を会社へ提出しないといけません。これによって税額が決まって、所得税と住民税が軽減されるのです。

例えば、税込み年収が500万円で課税対象の所得が350万円だと仮定した場合、もし8万円超/年の保険に加入していると毎年1万円の税金が軽減される計算になります。

医療費控除とはもしもあなたの家庭が年間10万円以上の医療費を払っていた場合、10万円を超える部分は所得から控除することができる制度です。

月に10万円も医療費に使うわけないじゃん!!なんて思っている方も多いのですが、医療機関を受診したときだけのお金が医療費というのではないのです。

風邪薬などの医薬品を薬局で購入した場合やビタミン剤や栄養ドリンク、マッサージや整体、電車やタクシーなどの病院に行くときの交通費など控除対象となる項目は沢山あるのです。ですから、きちんとレシートを取っておいたり、これは控除になるのかな?って思ったら調べてみたりすると意外と月に10万円以上を医療費で使っているかもしれないのです。

基本的には治療目的のために使った費用は控除の対象になるのですが、予防目的だと対象外となります。

このように税金対策として控除を利用したりする方法が適用されるものはどんどん使ったほうがいいですね。

車や家の税金となると100%私たちの負担になるので少々痛い部分ではありますね。

今年の税金支払い月なんて思っていた以上の税金がきてしまい、税金が払えないってなってお金を借りて支払いしましたよ・・・

こういったところで借りました⇒http://xn--n8jh6h553tj8c694bv08a.com/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です