月別アーカイブ: 2015年11月

不要となったブランド品

彼氏と別れてしまい、手元には彼からもらったアクセサリーが残りました。

ティファニーのオープンハートと、スタージュエリーのダイアモンド付き指輪、サマンサのイミテーションダイアモンドのネックレスでした。それぞれ、1万円、4万円、1万5千円ほどで彼が購入してくれました。処分の方法に迷って、ずっと押入れの中に入れていましたが、1年くらい経ち、新しい彼氏もできたので、手放すことにしました。ずっと手元に置いておくと、新しい彼氏に申し訳ないので。
さて処分となるといろいろな悩みが出ます。ですが、色々考えて、買取に出すことにしました。彼からもらったものをお金に変えることに、罪悪感がはじめはありました。なんだかせこいんじゃないか、と思っていたんです。でも、考えた末そうすることにしました。捨ててしまうのは、せっかくのアクセサリーが勿体無いと思いました。でも、友達にあげるのは、なんだか気持ち悪い気がして。友達にも、そんなものをあげるのは悪いですしね。
買取のお店は、自宅近くのチェーンの買取店に行きました。買取するまえに、一応アクセサリーのお手入れをしておきました。そうすることで、買取額が上がることもあるときいたことがあったので。ていねいに拭いて、ほこりなどきちんと取っておきました。また、備品はすべて持って行きました。紙袋、アクセサリーケース、付属の保証書などです。
お店にいくと、商品を渡して、だいたい1時間くらい診断に待たされました。その間は、お店の外をぶらついて待っていました。電話がかかってきて、お店に戻ると査定結果を教えてもらえました。金額は、3500円でした。
かなり安いな?というのが本音でした。定価だと七万円近いのに…。でも、他のお店をめぐるのも面倒だし、はやく手放してしまいたかったのでその場で売りました。

その他、元カレが置いていった洋服の中に売れそうなものがあったので、それも置いて置いても邪魔なだけなので買取に出しました。

その時買い取ってもらったブランドはエイプっていうところのです。

ネットでエイプ買取で調べてみると専門で買い取ってくれるサイトを見つけたのでそこで買い取ってもらいました。参照:http://xn--eckh6ll74lep0d.com/
お店での買取は簡単ですし、その場でサクッとできるのがメリットですね。高額にはなりづらいですが、私のようなタイプにはおすすめです。

 

税金対策

税金対策について考えてみたことはありますか??

今回は税金対策について紹介します。

税金を支払うだけしていると知らないうちに損をしていることも多々あるのです。

普通に暮らしているとじっくりと税金について考える機会なんてないですよね。しかし、税金についてしっかりと考えている家庭とそうでなく税金のことを知らずにのんびりと過ごしている家庭では一生のうちでかなりの資産の差がついてしまいます。

今までは税金のことについては年末調整でしか手続きしていなかった家庭でも今回紹介する内容をしっかりと実践して確定申告を行うことでかなりお得を手に入れることが可能になります。

まず、必ずやってほしいのが生命保険料の控除です。生命保険料控除とは生命保険料と介護医療保険料、個人年金保険料を支払っている場合に所得控除を受けることができるという制度です。

所得控除というのは、課税の対象となる金額が差し引かれて少なくなるということなのでつまり徴収される税金が減るということ。

一般のサラリーマンが医療費控除を受けるためにはどうしたらいいのか。それは毎年の年末調整で必要書類とともに加入している保険の保険料証明書を会社へ提出しないといけません。これによって税額が決まって、所得税と住民税が軽減されるのです。

例えば、税込み年収が500万円で課税対象の所得が350万円だと仮定した場合、もし8万円超/年の保険に加入していると毎年1万円の税金が軽減される計算になります。

医療費控除とはもしもあなたの家庭が年間10万円以上の医療費を払っていた場合、10万円を超える部分は所得から控除することができる制度です。

月に10万円も医療費に使うわけないじゃん!!なんて思っている方も多いのですが、医療機関を受診したときだけのお金が医療費というのではないのです。

風邪薬などの医薬品を薬局で購入した場合やビタミン剤や栄養ドリンク、マッサージや整体、電車やタクシーなどの病院に行くときの交通費など控除対象となる項目は沢山あるのです。ですから、きちんとレシートを取っておいたり、これは控除になるのかな?って思ったら調べてみたりすると意外と月に10万円以上を医療費で使っているかもしれないのです。

基本的には治療目的のために使った費用は控除の対象になるのですが、予防目的だと対象外となります。

このように税金対策として控除を利用したりする方法が適用されるものはどんどん使ったほうがいいですね。

車や家の税金となると100%私たちの負担になるので少々痛い部分ではありますね。

今年の税金支払い月なんて思っていた以上の税金がきてしまい、税金が払えないってなってお金を借りて支払いしましたよ・・・

こういったところで借りました⇒http://xn--n8jh6h553tj8c694bv08a.com/